包茎手術の後にクリニックが実施しているアフターケアについて

包茎手術の後もクリニックではいくつかの「アフターケア」を実施しています。どんなことをしてくれるのか、手術が終わった後のアフターケアにもしっかり注目しましょう。

 

ラブマーク

 

痛み止めの処方や抜糸など

 

包茎手術の最中は麻酔が効いているので、痛みを感じることはありません。ただ、手術後に麻酔が切れてくると痛みを感じることも出てきます。そこで多くのクリニックでは痛み止めをアフターケアとして処方してくれます。

 

飲みすぐりタイプの痛み止めや、座薬タイプの痛み止めなど種類がありますが、クリニックによって処方される痛み止めは違います。いずれしても麻酔が切れた後の痛みについても痛み止めをしっかり服用すれば抑えられます。

 

また、手術から一定期間が経過すると抜糸も行ってくれます。抜糸の費用は手術代に含まれていますから、別途支払いの必要はありません。

 

さらにそもそも抜糸不要の手術を受けた場合は抜糸のために通院する必要はなく、痛み止めの処方をしてもらったらそれで終わりというケースも最近では増えています。

 

トラブル対応について

 

包茎手術では包茎が思うように治らなかった、見た目がとても悪い、といった予期せぬトラブルが発生することもあります。こうした場合も多くのクリニックではしっかりアフターケアをしてくれ、必要なら再手術などの対応もしています。

 

万が一のことを考えるとアフターケアの手厚いクリニックを選ぶことも大切になってくるでしょう。

 

また、緊急を要しないケースでも、電話相談やメール相談に応じてくれるクリニックがほとんどで、困った時はとにかく対応してくれます。何か気になることがあったら遠慮なく相談しましょう。

 

逆にこうした対応のできる環境が整っていないクリニックはあまり良いクリニックとは言えず、選択肢から外したほうが無難かもしれません。

 

包茎手術そのものも大切ですが、その後のアフターケアも大切です。安心して手術を受けるためにも各クリニックのアフターケアについてはしっかり把握しておくようにしましょう。

カントン包茎