包茎を清潔に保つため常に行いたい皮の内部の正しい洗い方

包茎の方は特に亀頭部分を中心に清潔に保つよう意識しないといけません。そこでペニス、特に皮に包まれている部分の内部の正しい洗い方を覚えておくようにしましょう。

 

洗面所

 

正しい洗い方とは?

 

包茎の方は亀頭部分が常に皮に覆われているため、そこで菌が繁殖しやすくなっています。入浴時はしっかり内部まで荒い、常に清潔に保つよう意識しないといけないわけですが、そこで大切なのが正しい洗い方をするということです。

 

たとえば仮性包茎の男性の場合、通常時でも自分で皮を剥けるはずです。まずは皮を剥いて亀頭を露出させ、ボディソープまたは石鹸をしっかり泡立たせます。その泡を使って亀頭部分を優しく洗っていくのが正しい方法で、タオルを使ったりせず自分の手で洗います

 

力を入れすぎると痛みを感じてしまったり、亀頭を傷付けてしまう可能性があるので注意しましょう。カリの部分などは特に入念に洗い、亀頭全体が綺麗になるようにしっかり洗います。こうすることで包茎であっても清潔に保つことができ、臭いや性病などの予防ができるようになります。

 

真性包茎の場合は?

 

真性包茎の場合、そもそも皮を剥くことができないケースがほとんどです。こうなると洗いたくても洗えない状態になってしまい、亀頭部分を清潔に保つのも難しくなります。真性包茎の場合はまず治療をして、包茎を改善することが重要になってくるわけです

 

よく仮性包茎は治療しなくてもデメリットが少ないと言われますが、清潔に保てるかどうかもその理由の1つです。真性包茎は衛生面からも早期の治療が望まれるのです

 

亀頭部分を露出させてしっかり洗える方は正しい洗い方を心がけ、亀頭部分を露出させられない方はまず包茎の治療を検討しましょう。でないといつまでも不衛生な状態でいなければなりません。

 

デリケートな部分だからこそ毎日しっかり洗って清潔な状態をキープする必要があります。ボディソープや石鹸の泡で優しく洗うことを意識し、菌の増殖というリスクを抑えるように心がけましょう。

カントン包茎