陰茎増大治療によって仮性包茎や真性包茎を治すことはできるのか?

陰茎増大とは文字通り陰茎、つまりペニスを大きくするための治療法です。

 

執刀医師

 

包茎治療というと一般的には余分な皮を切除するわけですが、切除するのではなく陰茎増大によって包茎を治すことはできるのでしょうか。

 

陰茎増大治療とは?

 

陰茎増大治療は主に亀頭部分を大きくする方法が主流です。亀頭部分にヒアルロン酸などを注入しサイズアップを図り、結果的にペニスのサイズアップを狙う仕組みです。

 

亀頭が大きくなることでペニス全体のボリュームアップにつながりますし、亀頭が小さいいわゆる先細りの改善効果も期待できます

 

包茎でない方でもサイズの小ささに悩んでいる時にこの治療を受ける場合があり、そういう意味では包茎かどうかに関係なくサイズを改善した男性が受ける治療となります。

 

仮性包茎の場合

 

仮性包茎は勃起時に自然と皮が剥けたり、自分で皮を剥くことができるなど、わずかに皮が余っているような状態です。

 

そのため、陰茎増大治療を受けてペニスが大きくなると包茎が改善されることがあります。

 

つまりサイズアップすることで余分な皮がなくなるのです。もちろん必ず改善されるわけではなく、あくまでもそういう可能性があるという話ですが、実際に仮性包茎の方がサイズアップと同時に包茎の改善も期待して陰茎増大治療を受けるケースがあります

 

改善が期待できるかは状態によりますのでカウンセリング時に医師に相談することが大切です。もし改善が期待できそうなら一般的な包茎治療ではなく、陰茎増大治療を受ける選択肢も生まれるでしょう。

 

真性包茎の場合

 

真性包茎の場合は仮性包茎と違い、陰茎増大治療によって包茎が改善される可能性はとても低くなります。

 

ある程度ペニスが大きくなっても、皮が余ってしまうことがほとんどだからです。ペニスが大きくなること自体に意味がありますから、陰茎増大治療が無駄とはなりませんがそれとは別に包茎治療を受ける必要も出てくるでしょう

 

残念ではありますが陰茎増大治療だけで包茎も改善するのは難しいのが現状です。

 

そのため包茎治療も考えながら陰茎増大を行うなら、仮性包茎なのか真性包茎なのかが大きなポイントになってきます。

 

陰茎増大治療はあくまでもペニスのサイズアップが目的で、包茎の改善は副次的に期待できる効果です。

 

そのため必ず包茎が改善できるわけではないので、その点には注意しましょう。もしサイズアップも目指しているならカウンセリング時に陰茎増大治療についても詳しく話を聞いてみるのがおすすめです。

カントン包茎