包茎の種類の一つ仮性包茎とはどんな状態なのか?問題はある?

包茎には仮性包茎、真性包茎、カントン包茎と3つの種類があります。中でももっともよく見られるのが仮性包茎です。仮性包茎とはどんな状態を指すのか、また問題はあるのかなどを詳しく見ていきましょう。

 

カウンセリングの予約成立

 

仮性包茎とはどんな状態なのか?

 

多くの男性は仮性包茎というと勃起時には皮が剥ける、通常時でも自分で皮を剥くことで亀頭を露出させることができる、そんなイメージを持っていると思います。

 

これがまさに仮性包茎の状態で、要は自分の意思で皮を自由に剥くことができるかどうかがポイントです。

 

そのため通常時に完全に皮を被っている状態だとしてもその皮を剥くことができるなら仮性包茎です。日本人の多くはこの仮性包茎だと言われ、半数以上が仮性包茎の状態だというデータもあります。

 

その意味では実は皮が剥けている男性よりも多いのが仮性包茎の男性なのです。ごくごく一般的な包茎の形なわけです。

 

問題はあるのか?

 

仮性包茎の方はよくわかると思いますが、皮が剥けるため性交も問題なくできますし、日常生活でも困ることはほとんどないでしょう

 

ですが仮性包茎は恥ずかしいというイメージも根強く、異性はもちろん同性にも見られたくないとコンプレックスのようになっている方も多くいます。

 

また普段は皮に覆われていることで刺激に弱く、いわゆる早漏状態の男性も少なくありません。そのためパートナーとの性交時にすぐ射精してしまい、これが大きな問題につながることもあります。今すぐ治療すべきと言うほど重大な症状はありませんが、やはり仮性包茎であることでデメリットも生まれているのです。

 

治療すべきなのか?

 

最後に仮性包茎は治療すべきかを考えてみましょう。仮性包茎はそのまま放置していても大きな問題はありません。特に入浴時に皮をしっかり剥いて洗って入れば衛生面の問題もクリアされます

 

しかし見た目の問題は解消されませんし、早漏になりやすい傾向があるのも大きなデメリットの1つです。健康面での問題というよりは見た目の問題や性交時の問題が大きいといった感じでしょうか。

 

こうしたデメリットを考慮するとやはり治療した方が良いのは間違いないでしょう。特に仮性包茎であることを気にしている方は治療してしまった方が気持ちもスッキリして、男としての自信を取り戻すことができます。

 

仮性包茎は包茎としては症状が軽く、そのままでも生活に支障をきたすことはほとんどありません。とはいえ治療できるなら治療してしまった方がいいのは事実で、現在では気軽に治療できる環境も整っています。思い切って治療も検討してみましょう。

カントン包茎