切らない包茎手術と呼ばれる方法があるの?

包茎手術というと切るのが一般的ですが、切らない包茎手術と呼ばれる方法があります。その内容はどんなものなのか、切らない包茎手術について知っておきましょう。

 

手術

 

根元部固定法

 

切らない包茎手術の方法の1つに、根元部固定法という方法があります。これはペニスの根本で余分な皮を固定してしまう方法です。まずペニスの皮を剥き、亀頭が完全に露出した状態にします。

 

この状態でペニスの根本部分に集中した皮を医療用の接着剤で固定してしまう仕組みです。余分な皮を切除する必要がなく、接着剤で固定するだけなので負担が少ないのが特長となります。

 

ただ、接着剤の効果は永続的なものではなく、半年ほどで剥がれてしまうことが多く、その場合は再度手術を受けないといけません。

 

また、事前に皮を剥く必要があるため、仮性包茎でないとこの手術は受けられません。仮性包茎の方であれば比較的気軽に受けられる手術で、接着剤が剥がれると言ってもその間に剥き癖が付いて自然と包茎が治る可能性もあります。

 

亀頭増大法

 

こちらの方法は文字通り亀頭を増大させることで包茎を治療するものです。亀頭が大きくなることで余っていた皮が自然と剥けるようになり、皮を切らずに包茎の治療が可能です。

 

そのため亀頭が大きくなることでペニスサイズのアップにもつながり、その意味でのメリットもあるのが特長でしょう。亀頭を大きくする方法ですが、ヒアルロン酸を注入するのが一般的で、実際に多くのクリニックでこの方法を採用しています。

 

包茎だけでなくペニスサイズにも悩んでいる男性が希望することが多く、その両方の悩みを一気に解消できると人気です。ヒアルロン酸は注射で注入する形ですが、皮を切除する必要はなくなります。ただし、軽度な包茎でないと治らない可能性があり、真性包茎の方はこの方法を使えないと考えるべきでしょう。

 

このように、切らない包茎手術もいくつかあります。どうしても皮を切るのが嫌な場合や、切らない方法でも包茎を十分治せるという場合はこうした方法を選ぶのも1つの考え方です。

カントン包茎