包茎治療方法の一つ・亀頭下環状切開術の内容について

包茎治療の方法にはいくつかあるのですが、その1つが亀頭下環状切開術です。名前だけを聞いてもどんな手術なのかなんとなくわかるかもしれません。

 

病院施設

 

代表的な治療法である亀頭下環状切開術について詳しく解説していきます。

 

亀頭下環状切開術とは?

 

この方法は現在もっとも主流となっている方法で、多くのクリニックで採用されています。亀頭下、つまりカリの部分を環状に切開して余分な皮を取り除く方法で、比較的簡単に行える手術というのが特徴です。

 

簡単に行えるということは求められる技術も少ないということで、医師のレベルの差による仕上がりの違いも出にくく、誰でも綺麗な仕上がりを期待できます。

 

手術跡も目立ちにくく、包茎の機能的な問題をしっかり解決しつつ見た目も綺麗な状態を維持できます

 

包茎治療をする場合、どうしても跡が目立ってしまうといったデメリットがありますが、そのデメリットを最小限に抑えられるため患者側からも評価される方法です。

 

感度の低下を防げる

 

包茎治療をした場合、男性の性感帯となる包皮小帯という部分を切除するケースが過去にはありました。

 

当然ですがこれが原因で感度の低下が起きてしまうリスクがあり、包茎治療におけるデメリットの1つとなっていたのですが、亀頭下環状切開術なら包皮小帯は残す形になっているので感度の低下の心配がなく、今まで通りの感度のまま包茎だけを治療できます。

 

これは男性にとって非常に大きなメリットになるでしょう。感度が悪い状態だと性交をしても快感を得られにくくなり、性生活が不便なものになる可能性があります。必要な機能をしっかり残せるのも大きな特徴です。

 

手術時間が短い

 

亀頭下環状切開術は簡単な手術法ということで、手術時間も他の方法に比べて短くなります。

 

30分ほどで終わるのが平均的な時間ですのであっという間に終わるのです。手術することに抵抗を感じる方も多いと思いますが、これだけ短時間で終わるなら気持ちも楽ですし、忙しい毎日の中でも気軽に治療が行えます。

 

それでいて上記で紹介したようなメリットもあり、総合的に見て今現在もっとも優れた治療法と言ってもいいのではないでしょうか。それくらい優秀な方法です。

 

各クリニックによってどんな治療法を採用しているかは違いますが、亀頭下環状切開術は多くのクリニックで採用しています。

 

この方法を希望する場合はクリニックの選択肢も広がり、理想のクリニックで理想の治療を受けることが可能です。

カントン包茎