包茎手術の傷跡が残らないような治療にはどんな方法がある?

包茎手術の傷跡が残らないような治療法はあるのでしょうか。包茎手術にはいくつかの種類があり、種類によっては傷跡が残りにくいものもありますので、包茎手術の種類について知っておきましょう。

 

器具

 

亀頭直下埋没法

 

この手術は傷跡が残りにくい方法として、今とても高い人気を集めています。採用しているクリニックも多いことから、この方法で包茎手術を受けるという方も多いようです。この手術では余っている皮を切除した後、亀頭の直下、つまりカリの部分あたりで縫合を行います。

 

縫合するのでその跡は残ってしまうわけですが、カリに隠れて目立ちにくくなるという特徴があり、結果的に傷跡が非常に目立ちにくいのが特徴です。包茎をしっかり治療しつつ、それでいて傷跡も目立ちにくい、だからこそ人気があるわけです。

 

ただし、包茎手術としては要求される技術力が高く、仕上がりが医師のレベルによって左右されやすいという特徴もあります。

 

この方法で手術を受けるならレベルの高い医師が在籍するクリニックを探すことがポイントになってくるでしょう。大手のクリニックなどは過去の実績も技術力も高いことが多いので、大手を中心に探すことになるでしょうか。

 

根元部固定法

 

こちらはそもそも皮を切除する必要のない手術法です。亀頭がしっかり露出するまで皮を剥き、その状態で皮をペニスの根本部分で固定する方法です。固定には医療用の特殊な接着剤が使用され、要は接着剤を利用して皮を剥いた状態を維持するわけです。

 

まずは皮を剥く必要があるので仮性包茎の方しかできない手術ですが、メスで皮を切る必要がないため傷跡もまったく残りません。皮を接着剤で固定しているだけですから、見た目にはまったくわからないと考えていいでしょう。仮性包茎の方のみという条件はあるものの、仮性包茎の方にとっては非常に嬉しい手術法ではないでしょうか。

 

このように包茎手術には傷跡の残らない、残りにくい手術もあります。機能面だけでなく、見た目も美しく包茎を治療したい場合はこうした手術を受けるようにしましょう。

カントン包茎