包茎手術の方式・複合曲線作図法とはどんな治療法なの?

包茎手術の方式の1つである複合曲線作図法とはどんな治療法なのでしょうか。名前だけを見てもイメージしにくいのですが、治療のやり方について具体的に見ていきましょう。

 

手術

 

複合曲線作図法とは?

 

複合曲線作図法は新たな包茎手術の方式で、従来の方法よりもさらに仕上がりを美しくできると言われています。余分な皮を切除するという点はこれまでの方法と同じで、縫合の位置をカリの部分に持っていき手術跡を目立たせなくするという点は亀頭直下埋没法と同じです。

 

となると大きな違いはないようにも思えますが、皮を切除する時のやり方に大きな違いがあります。というのも、複合曲線作図法では患者1人1人で違うペニスの形に対し、ぴったりの切除をしてくれるのです。

 

従来の方法だと、切除する位置を決めたらペニスの形は考慮せずに単純に皮を切除するだけだったのですが、複合曲線作図法は違います。ペニスの形に合わせた最適な曲線を描き、その曲線に沿って切除していきます

 

こうすることでより自然な見た目になり、包茎手術の跡がより目立たなく美しい仕上がりになるのです。見た目に徹底的にこだわった手術と言えるでしょう。

 

複合曲線作図法ができるクリニックは限られている

 

非常に優れた手術である複合曲線作図法ですが、実は今のところこの手術を行っているのは特定のクリニックだけです。そもそも複合曲線作図法を編み出したのはこのクリニックなので、他のクリニックでは採用されていないわけです。

 

ですから複合曲線作図法での包茎治療を望む場合、特定のクリニックしか利用できないことになり、お住いの地域によっては手術を受けにくい可能性が出てきます。この点がデメリットになってしまいます。

 

ただ、優れた手術であることは間違いありませんので、見た目にもしっかりこだわりたいという方は複合曲線作図法での治療を検討するのがおすすめです。

 

複合曲線作図法は手術可能なクリニックが限られているものの、見た目の美しさに特長があります。誰にも手術したことを知られたくない時は頼りになる方法です。

カントン包茎