よく行われている包茎手術の亀頭直下埋没法とはどんな方法?

亀頭直下埋没法とは代表的な包茎治療の方法です。現在では他の方法も登場しているものの、依然多くのクリニックで採用している方法です。

 

包茎手術執刀医師

 

それだけ優れた方法になるわけですが、いったいどんな方法で包茎を治療するのでしょうか。

 

亀頭直下埋没法の仕組み

 

亀頭直下埋没法は、文字通り亀頭直下で皮を切除し包茎を改善していきます。亀頭直下というのはカリのすぐ下の部分のことで、ここで余った皮を切除し、残った皮を持ち上げてくることで治療します。

 

手術の際の跡は皮で隠れる形になりますので手術跡が目立つ心配がなく、非常に自然な見た目に仕上がるのが最大の特徴になります。

 

包茎治療を受ける場合、手術跡が残って治療したこがわかってしまうのが大きなデメリットで、この点を気にする男性も多いのですが、その問題点を解消しています。

 

技術的にもそれほど難しくなく、医師としてもやりやすい手術のため主流な方法の1つになりました。

 

失敗のリスクを最小限に抑えられる

 

包茎手術は簡単なものとはいえ、手術である以上は失敗のリスクは0ではありません。万が一失敗して大切なペニスにトラブルが発生したら、と考えると手術に踏み切れない男性も多いはずです。

 

ですが、先ほども少し触れたように亀頭直下埋没法は一般的な治療方法で、医師も亀頭直下埋没法での治療経験が豊富です。

 

つまり医師の経験が豊富なので失敗のリスクが抑えられており、安心して受けられる治療になっているわけです。

 

手術を受けるなら少しでもリスクを下げることが大切ですが、亀頭直下埋没法ならそのリスクをしっかり下げられます。

 

クリニック選びも大切

 

非常に優れた方法である亀頭直下埋没法ですが、他にも包茎の治療法はあり、クリニックによって採用している方法は異なります。

 

亀頭直下埋没法を採用しているクリニックは多いとはいえ、自分が利用しようと考えているクリニックもそうかはわかりません。

 

亀頭直下埋没法での治療を希望するなら、まずはこの方法を採用しているクリニックを探し、該当するクリニックの中から実際に利用するクリニックを選ぶようにしましょう。

 

特に過去の実績や症例数は手術の技術に直結する部分なのでしっかりとチェックしておきたい部分です。

 

亀頭直下埋没法には手術跡が目立たない、失敗のリスクが少ないなどのメリットがあります。

 

安心して包茎の治療をするには最適な方法と言えるでしょう。多くのクリニックで採用していますからクリニック選びもしやすく、その意味でも優れた方法です。

カントン包茎