老人性包茎とは?高齢になってから発症しやすい包茎

老人性包茎という言葉を聞いたことがあるでしょうか?文字通り高齢になってから発症しやすい包茎のことなのですが、いったい老人性包茎とはどんな包茎なのでしょう。

 

50代男性

 

老人性包茎のメカニズム

 

老人性包茎は主に50代、60代くらいの男性がなることの多い包茎です。現在では、50代や60代でも若々しく、とても老人とは呼べないような方も増えていますが…。あえて老人という表現をさせてもらいます。

 

老人性包茎は、50代や60代までまったく包茎じゃなかった男性が突然包茎になるということで、非常に厄介な包茎と言えるでしょうか。

 

なぜ高齢になってから急に包茎になってしまうのか、その理由は主に2つ考えられます。1つは加齢によってお腹の脂肪が増えたり、皮膚がたるんでくることでペニスが埋もれてしまい、結果的に包茎の状態になってしまう場合です。埋没型包茎とほぼ同じ仕組みで、ペニスが埋もれることで皮が余り、包茎になります。

 

もう1つは老化現象によるペニスの萎縮です。ペニスそのものが小さくなってしまうことで包茎になってしまうこともあるのです。特にこちらの場合は老化現象というある程度どうしようもないことが原因なので、老人性包茎は誰でもなる可能性があると考えるべきでしょう。

 

老人性包茎は治療できるのか

 

一般的に包茎の治療というと手術をして余った皮を切除する方法が知られています。ですが老人性包茎はさきほど見たようにお腹の脂肪や皮膚のたるみ、老化現象が原因となっていて皮が余っているわけではありません。

 

そのため手術で皮を切除するという方法での治療は行われず、食生活の改善で脂肪を減らしたり、ペニスの増大治療を行うことで対処するのが一般的です。治療方法も他の包茎とは大きく異なるわけです。

 

老人性とはいえ早ければ50代くらいで発症することがあり、50代といえばまだまだ若い年代です。もし自分が老人性包茎になってしまった時にしっかり対応できるようにするためにも、どう治療するのがいいのかは抑えておきたいところです。

 

老人性包茎は若いころ包茎でなかった男性でもなる可能性があり、その意味では誰もが注意しなければいけない包茎です。もしある時から包茎になってしまった場合は、この老人性包茎かもしれません。

カントン包茎