実はかなり危険?包茎による性病や感染症などの病気のリスクについて

包茎のデメリットについてよく考えたことはあるでしょうか。

 

特に仮性包茎の方は、日常生活において大きな支障がないため放置している男性も多いはずです。

 

性病の恐怖に慄く男性

 

しかし包茎には性病感染症といった病気のリスクもあり、この点について把握しておくことが大切です。

 

亀頭包皮炎について

 

包茎だとかかりやすい病気の1つに亀頭包皮炎というものがあります。

 

これは文字通り亀頭や包皮に炎症を起こしてしまう病気で、小さな傷口から細菌が侵入することで発症します。

 

包茎でない方でも発症する可能性はあり、包茎の方にだけ見られる病気というわけではありませんが、包茎だと発症のリスクが高い形です。

 

特に亀頭を締め付けるカントン包茎の方には多い病気と言えます。

 

具体的な症状としては患部のかゆみや痛みが挙げられ、抗生物質や飲み薬などで炎症を抑えるのが一般的な治療法です。

 

それほど重大な症状が出るわけではないものの、大事な性器の病気なので発症しないのが1番です。

 

その他の感染症について

 

包茎だとリスクが高まる病気としては、亀頭包皮炎の他にも「クラミジア」や「尖圭コンジローマ」、「淋病」や「ヘルペス」などがあります。

 

いわゆる性病と呼ばれる病気で、包茎が原因になってしまうことも少なくありません。

 

こうした病気になれば治療が必要で面倒ですし、治療の過程において包茎を治療した方が良いと医師に言われることもあるかもしれません。

 

包茎だとこうした病気に必ずなるとは言えませんが、リスクが上がることを考えるとやはり根本的な原因である包茎の治療も求められるでしょう。

 

なぜリスクが高いのか?

 

包茎だと病気になりやすい、これはいったいなぜなのでしょう。

 

主な原因は不衛生な状態になりがちなことです。包茎は亀頭部分が皮で覆われているため内部を清潔に保つことが難しくなります

 

その結果として皮と亀頭の間の部分に細菌が繁殖しやすく、病気のリスクも上がるわけです。

 

仮性包茎の方は皮を剥くことができるので毎日皮を剥いてしっかり洗っていればまだいいのですが、真性包茎の方などはそうもいかず、リスクを下げるのが難しくなります。

 

見た目の問題とは別に、健康面のことを考えても包茎はできるだけ治療をした方が良いと言われるのはこれが理由です。

 

仮性包茎の方で特に問題ないと感じている方でも今後の病気のリスクを抑えるために治療を検討するのは良いことです。

 

包茎をそのままにしていると思わぬ病気にかかってしまう可能性があります。

 

病気を回避して健康な状態をキープするためにも包茎の治療を考えましょう。

カントン包茎