包茎によって発生する早漏・その原因と主な対処法について

包茎の男性は早漏になりやすいと言われています。その原因はなんなのか、そして対処法にはどんな方法があるのか、包茎の方はしっかり知識を身に付けておきましょう。

 

険悪な二人

 

包茎によって発生する早漏の原因

 

早漏がどんなものかご存知の方も多いと思います。性交時にすぐに射精してしまう状態を指しています。どのくらいで射精すると早漏なのか、その定義ははっきりしていませんが一般的には1分から2分で射精してしまうと早漏と言われます。

 

実際は5分でも早漏だと感じる方もいるでしょうし、個人差もありますがここで1分から2分で射精してしまう方を早漏と定義します。なぜこれほど早く射精してしまうのか、それはペニス、特に亀頭部分が刺激に慣れていないからです。

 

包茎だと亀頭部分が皮に保護されているような形になっていて、普段強い刺激を受けることがほとんどありません。そのため性交時の刺激が強すぎて快感を感じやすく、すぐに射精してしまうわけです。包茎の男性に早漏が多いと言われるのはこれが原因です。

 

早漏の対処法とは?

 

刺激に弱いことで早漏になってしまうのだとすれば、対処法もシンプルで刺激に強くなればいいのです。たとえば仮性包茎の方の場合、自分で皮を剥くことができますから普段からなるべく皮を剥くようにし、刺激を与えてあげましょう。

 

そうして刺激に強くなれば、射精までの時間も徐々に伸びていくはずです。真性包茎の方の場合、皮を剥くことが難しいのでやはり手術などをして包茎を治療するのがベストな対処法になるでしょう。

 

もちろん仮性包茎の方も包茎を治療するのが理想的です。包茎でさえなくなれば亀頭部分も刺激に強くなり、早漏が改善される可能性があります。早漏の根本的な原因である包茎に対処すれば、自然と早漏にも対処できるわけです。

 

包茎でも早漏じゃない方もいますし、包茎でなくても早漏の方もいます。ですが包茎が原因で早漏になっている考えられる場合は、専門クリニックを受診するなどして包茎を治療することがポイントになります。

カントン包茎