絆創膏などで向き癖を付けて包茎を治すことは出来るの?

絆創膏などで剥き癖を付ければ包茎は治ると言われることがあります。本当にこんな簡単な方法で、包茎を治すことはできるのでしょうか。

 

皮を固定する治療について

 

絆創膏で剥き癖を付ける、これはつまり皮が剥けた状態で固定し、その状態が維持されるようにする方法です。

 

非常にシンプルな仕組みのため効果のほども疑問に感じますが、一定の効果を期待できることもあるようです。

 

剥き癖が付けば皮が元に戻ってしまうことを防げますし、癖を付けるために絆創膏などで固定するのは決して悪い方法ではありません。

 

どんな包茎でも必ず治るとは言えないのですが、場合によっては治ることもある、そう考えるのがいいでしょう。

 

自分の場合効果を得られるのか、まずは試してみるのも1つの方法です。

 

軽度の仮性包茎なら期待できる

 

この治療法のポイントは自分で皮を剥き、その状態で固定することです。

 

そのためまずは皮を剥く必要があり、そもそも皮を剥くことが難しい真性包茎の改善は残念ながら期待できません。

 

軽度の仮性包茎で、自分の手で簡単に皮が剥けるならある程度の効果も期待できるでしょう。

 

簡単に皮が剥けるなら後はその状態を維持できればいいだけですから、固定して癖を付けることは正しいやり方です。

 

しっかり治療を目指すならクリニックがおすすめ

 

皮を固定することで自分で治療を目指すことも不可能ではありませんが、やはりクリニックでの治療が衛生面や安全面で優れているのは間違いありません。

 

クリニックでの治療なら、真性包茎やカントン包茎でも対処してもらえます。

 

なんといっても、プロの医師に治療してもらえるのは大きなメリットでしょう。

 

自力で治す努力をすることも大切ですが、万全を期すならクリニックで診察を受けて治療してもらうのがおすすめです。

 

絆創膏を使っても治るとは限りませんから、時間を無駄にしてしまう可能性があります。

 

包茎治療を目指すならクリニックが信頼できます。

 

切らない手術など、治療法も多彩なのでまずはクリニックで話を聞き、どうやって治療するかを医師と一緒に考えてみましょう。

カントン包茎