包茎手術の痛みは?デリケートな部分だけど大丈夫なのか?

包茎手術で気になることの1つが、痛みはどのくらいかということではないでしょうか。

 

デリケートな部分を手術するわけですが、その痛みについて紹介します。

 

麻酔で痛みはない

 

包茎手術を行う場合、必ず事前に麻酔を打ちます。

 

麻酔でペニスの感覚を麻痺させることで、術中は痛みを感じることなく治療が可能です。

 

基本的に局所麻酔なので意識はありますが、術中に痛い思いをすることはないと考えてかまいません。

 

手術時間もそれほど長くなく、1時間もしないうちに終わりますから、あっという間だったと感じる男性が多いようです。

 

どうしても心配という方は、事前のカウンセリングで麻酔や痛みについて質問しておくといいでしょう。

 

麻酔の痛みは?

 

麻酔は注射を打つことになるので、その時に痛みは感じるでしょう。

 

しかし麻酔の痛みは少しチクっとする程度と言われていて、強い痛みを感じることはないようです。

 

感じ方には個人差もありますが、我慢できないほどの痛みではありません。

 

また、クリニックによっては麻酔を打つ前に、麻酔のための麻酔として、塗り薬タイプの麻酔を使用してくれるところもあります。

 

これなら注射の痛みも感じることなく手術が行えます。

 

手術終了後は痛い?

 

手術中は麻酔が効いているので痛みを感じることないでしょうが、手術終了後、麻酔が切れた時に痛みが出ることはあります。

 

ただ、その時のために痛み止めを処方してもらえるので、薬を飲めば対処できます。

 

やはり耐えられないほどの痛みではないので、痛みが出てきたなと感じたら痛み止めを飲みましょう。

 

これで痛みが完全になくなるまで快適に過ごせます。

 

また、術後に激しい運動などをすれば傷口が開いてしまう可能性が出てくるので、医師に言われた注意点を必ず守りましょう。

 

術後の過ごし方に気を付けないと、余計な痛みが出るかもしれません。

 

包茎手術では麻酔や痛み止めを利用することで、ほとんど痛みを感じることがありません。

 

痛いのが苦手という方でも手術を受けられるので、その点は安心していいでしょう。

カントン包茎