未成年でも親の同意があれば長茎治療を受けることができるの?

ペニスサイズの悩みは大人に限ったことではありません。

 

むしろ多感な10代の方が悩んでいるケースもあるでしょう。

 

未成年の場合、親の同意があれば長茎治療を受けられるのでしょうか。

 

未成年は親の同意が必要

 

未成年が長茎治療をクリニックで受ける場合、必ず親の同意が必要になります。

 

両親が亡くなっているようなケースでは、法的に親権者となっている人の同意が必要です。

 

同意書を事前に用意しておき、手術を受ける前にクリニックに提出しなければなりません。

 

未成年は同意書なしでは絶対に長茎治療を受けられませんので、注意しましょう。

 

親に長茎治療のことを話すのは抵抗もあるかもしれませんが、まずは親に相談し手術を受けることに同意してもらわないといけません。

 

クリニックによっては同意書があっても治療してもらえない

 

一部のクリニックでは、親の同意書があったとしても未成年への長茎治療はしていないところもあります。

 

特に高校を卒業するまでは治療しないクリニックが見られ、少なくとも19歳になる年までは断られてしまいます。

 

もちろん高校生でも親の同意があれば、治療してくれるクリニックもあります。

 

しかし、治療を受けられるクリニックの選択肢は減ってしまうと考えましょう。

 

クリニック選びも重要になってくるので、すべてのクリニックを選択肢に入れられるよう、高校卒業まで治療を待つのも1つの方法です。

 

成人するまで待つべきか

 

未成年の場合は親に相談して同意書を書いてもらう必要があり、なかなか大変です。

 

親に話すのは恥ずかしいものですし、そもそもクリニックが治療を引き受けてくれるとも限りません。

 

10代ならまだペニスが成長する可能性も残されていますし、成人になるまで長茎治療は待つのもいいでしょう。

 

成人になってもペニスのサイズが十分でないなら、そこで初めて治療を検討すればいいわけです。

 

未成年のうちは焦ることはありません。

 

長茎治療は基本的に親の同意があれば受けられますが、クリニックによっては未成年への治療は行っていません。

 

まずは成人になるまで様子を見る、これも1つの考え方です。

カントン包茎