脂肪を吸引することでペニスサイズが大きくできる長茎術について

長茎術の方法の1つに、脂肪を吸引することでサイズアップを目指す方法があります。一見無関係に思える脂肪の吸引が、なぜペニスのサイズアップにつながるのでしょうか。

 

下腹部脂肪吸引法の仕組み

 

脂肪を吸引する長茎術を、下腹部脂肪吸引法と呼んでいます。文字通り下腹部にある脂肪を吸引し、それによってペニスのサイズアップを狙います。

 

なぜ下腹部の脂肪を吸引する必要があるのか、それはペニスが埋もれてしまっているからです。ペニスは体外に露出している部分がすべてではなく、下腹部に一部が埋もれています。

 

脂肪が多いとその分だけ埋もれる部分が多くなり、結果的にペニスが小さく見えてしまいます。そこで脂肪を吸引し、埋もれている部分を減らしてペニスのサイズをアップさせるわけです。

 

長茎術では靭帯を切る方法や、糸でペニスを引っ張り出す方法がよく聞かれますが、下腹部脂肪吸引法も一般的な治療法の1つです。

 

ダイエットにもつながる

 

下腹部の余計な脂肪を吸引するため、長茎と同時にダイエット効果も期待できます。脂肪を吸引した分だけ体重は減りますし、見た目にもスリムな下腹部になるでしょう。

 

そのため体型が気になる、体型のせいでペニスが小さくなっている、そんな男性が利用する方法でもあります。

 

サイズアップを目指す過程で副次的な効果として、ダイエット効果も期待できます。太り気味という方は、下腹部脂肪吸引法を検討するのもいいでしょう。

 

元に戻ってしまうリスク

 

下腹部脂肪吸引法は脂肪を吸引することで、ペニスを大きくします。つまり術後にまた脂肪が付いてしまえば、ペニスのサイズも戻ってしまうわけです。

 

術後は食生活にも気を付け、適度な運動をして体型を維持する努力も求められます

 

スリムな体型を維持することでペニスのサイズも維持されますので、元に戻ってしまわないよう、体型には細心の注意を払わないといけません。

 

脂肪を吸引することで、ペニスサイズを大きくする長茎術もあります。切る方法や切らない方法とも特徴が違いますので、その特徴をしっかり把握しておきましょう。

カントン包茎